モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

餅つきて正調「三番叟」復活の収穫祭

投稿日:2018年11月06日 | カテゴリー:全体 | コメント:0件

遠野高校が全国の切符を掴んだ。
小中も今では野球をしのぐ人気になっている。
人口3万弱の遠野市・・・さてさて年末年始に盛り上がれるか・・・!!

市営サッカー場は休む事無く利用されています。
Jリーグ、否、世界で活躍する選手が出る日も近い(と思いたい)
整いつつある環境だが、地域差は確かにある・・・少子化がスポーツを選べない現実を今後どう対処する?

.

.

.

日曜日の事。
飯豊まつりに花を添えるは飯豊神楽。
羽黒VS熊野の権現様を同じ輿に乗せて巡行するのは真髄ではあるが・・・毎年思考を凝らせてくれる保存会に感謝。

新米を搗き立てる。
老いも若きも・・・女性群だってすばらしい搗き手に。
数十名の杵が立派な餅を搗きたてました。

.

ステージ発表の関係で語り等を割愛していた近年の「三番叟」が約40年ぶりに復活。
太夫の語りが随所に入り節も少し遅めの展開。
時間制限のあるステージではいささか時間オーバーになるのですが復活の舞に地元民も歓喜!!

.

.

新米のおにぎり、採れたてのホップのビール、新米搗き立ての黄粉とアズキの餅・・・そして青みががった新蕎麦。
最高の収穫祭です。
2歳児から88歳まで・・・会場は活気があふれてましたぁ~~

.

.

.

.

18時57分更新

コメントはまだありません »

コメントをどうぞ