モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

災害市民ボランティアに参加(福祉センター⇔陸前高田米崎)

投稿日:2011年06月30日 | カテゴリー:その他, 全体, 思う | コメント:2件

曇って午後には雨マーク。
16時過ぎから火照った体をねぎらうように結構な量の俄雨
その後水光園で慰労会が有ったが、月末と云う事も有り処理せねばならぬ仕事も有り断念。

 

 

 

 

【災害市民ボランティアに参加:福祉センター⇔陸前高田米崎】

<肝心の作業している最中の画像が有りません・・・それどころでなかった・・・濡れた畳は非常に重いんです・大汗>

 

 

 

午前7時前に土淵の地区センターへ。
土淵から本日は16名、その後総合福祉センターへ集まった。
本日の参加人員は・・・凡そ200名かな? 

 

 

前回は前日に葬儀が飛び込んで不参加、今回は二つ返事で参加させてもらった。
日頃の不摂生のとおり体力切れ・・・一時は戦線を離脱?かと思うほどきつかった。
米崎地区の舘と呼ばれる荊の藪の整理・・・色々な物がソチコチに散乱してました。

 

貴重な経験をさせて頂きました。
持って行った飲み物6本は完飲!
暑くて。。。。。息絶え絶えだった午前中、午後の作業は意外とスムーズだったかなー。

 

 

帰りのバスで地盤沈下した高田の町をジーット見つめる・・・込み上げる涙。
多くの知り合いの建物や命が奪われたその現場。
海水が未だに引かぬ町並みや積み上げられた瓦礫に言葉を失ってしまいました。

 

 

この先も何度か機会があると思います。
出来る範囲で参加させていただきたいと思います。
しかし。。。。体力・・・ないね~~~~~。。。。。。。(涙

 

 

 

 

 

 

6/30

◆今日の岩手日報
・震災延期の選挙始動 復旧・復興装填に:期日確定
 県内の被害者数 死者4566人 行方不明者2233人
・玄海原発再開に前向き 佐賀知事、経済相と会談:地元町長は容認
・世界遺産委閉幕へ:「平泉」正式登録
・医療費免除証明必要
・内閣支持率が急落23%
・株主から脱原発要求
・給食なく栄養に懸念
・震災余波 知事務夏休み
・漁業再開が一筋の光

2 件のコメント »

  1. お疲れ様でした!
    よりにもよって、33℃の気仙に行ったのですね。。。
    本当にだいじょぶだったすか? あとから来ますよぉ
    ご自愛くださいね!

    それにしても、あの瓦礫はいつ片付くのでしょう
    先週は今泉、長部を通りましたが道路確保のほかは手付かずですもの・・・・

    投稿日時: 2011 年 7 月 1 日 @ 5:57 AM | 投稿者: 一如

  2. >一如さま
    出発のバスの中から外を眺めていたら「ヨッコ」様が居たので手を振りました(でも気づいて貰えず)

    さて、ヘルニア持ちでおまけに50肩に肥満・・・・いい所が無い身体でしたがどうにか。
    無理は行けませんね!体力に有った作業で長く支援できる事を考えねばと思いました。
    6年前に燕三条にボランティアに行った時は37度の炎天下でしたからまだまだマシな方です。
    違いは・・・年を取って体力を付けていない事・・・スポーツでガンガン鍛えていた時と気持ちは同じでも
    不節制の蓄積の肉体は・・・悲鳴・・・腕腰肩・・・ボロボロ・・・頑張りすぎないのも大切ですね(制御が効かない私)

    果てしなく続く瓦礫に廃墟に溜息です・・・でも確実に改善復興へと向かっている筈です。
    後はヘット、特にも国や県のビジョンが見えれば加速する筈・・・それまでは人海戦術でも繫いでいかねば!

    投稿日時: 2011 年 7 月 1 日 @ 11:06 AM | 投稿者: imahiro

コメントをどうぞ