モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

ハウス解体断念(宮沢バス停)

投稿日:2011年05月29日 | カテゴリー:全体, 土淵 | コメント:0件

午前中は大した事の無い雨。
ビニールハウスのビニールを剥がす予定だったので好都合。
乾きだした午後にザーッと来ちゃって結局断念。

 

 

 

【ハウス解体:宮沢バス停】

 

雨の中をオートでフラッシュを焚く。
細かい雨が銀色の霧のように肉眼では照り返す。
されどモニタで見るとそれとは別な詰まらない絵に・・・・被写体は飯豊の宮沢バス停

 

 

 

◆今日の岩手日報
・県立病院石13人増 沿岸部は実質同数:4月前年比
 県内被害者数 死者4497人 行方不明者 3893人
・放射線監視装置が停止 データ得られず:被災3県津波、停電で
・高速の完全無料化も 東北地方秋から半年 2次補正計上を検討:政府、民主
・4万人の避難先把握 情報システム活用:本県含む地元自治体
・首相、小沢氏と会談意向 政権運営に協力要請へ
・県内の停電、全戸で解消:東北電
・医療チーム撤退続く
・「猶予」過ぎ首相正念場
・震災が地盤の安定証明
・陸前高田の米守りたい
・被災者 心のケア課題
・ぬくもり厨房再開へ

コメントはまだありません »

コメントをどうぞ