モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

こんなのはまだ可愛いのかもね:松山+被災地専用FAX

投稿日:2011年04月02日 | カテゴリー:ASKUL, 全体, 青笹 | コメント:2件

 

本日のエントリーは後ほど・・・ 

  

福島の原発問題・・・国は何処へ・・・というより国民が何処へ向かうかが問題なんでしょうね。
こんな サイトを見つけました。

 

 

今日は名古屋の叔父が訪ねて来た。
昨日は妹のお見舞いに尾崎白浜までレンタカーを飛ばして来たようです。
このように全国から東日本へ・・・被災地に向かう道路は渋滞が激しくなりつつあるようです。

 

 

【こんなのはまだ可愛いのかもね:松山+】

 

 

 

 

=====================================================

===アスクルから東日本大震災による影響について(2011/4/1  更新)=== 

  お客様各位

東日本大震災の被害を受けた皆様にお見舞い申し上げます。

昨日3月29日午後6時より、岩手県、宮城県、福島県(一部地域除く)のお客様からのご注文が再開しました。
仙台物流センターが被災した関係で、再開までに時間がかかりご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ございませんでした。

東北を中心としたエリアには、名古屋物流センターから商品を出荷しており、復興に必要な資材などを最優先で対応させていただいております。その影響でその他の地域のお客様にも影響が出ることがございますことご理解とご協力をお願い申し上げます。また、仙台物流センターの復旧に向け努力しておりますが、お客様にはご迷惑をおかけいたしており、大変申し訳ございません。一日も早いサービスの平常化に向けて動いております。引き続き、お客様にはご協力を賜りますことを何卒お願い申し上げます。

〓 青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県のアスクルのお客様へ 〓
[ご注文について]
一部の地域(*)を除きインターネットでのご注文をお受けしております。
ただし、お客様からのご注文が集中した場合、一時的にご注文をお受けできない場合がございます。
FAXを送付頂いているダイヤル0120-881-881が繋がりにくい状況が続いております。
つきましては、被災地を中心とする東北地方、及び茨城県のお客様向け専用に、以下の注文FAX番号を新たに用意致しました。別途連絡を差し上げるまでは、FAXでのご注文は以下のFAX番号に送信いただきますようお願い申し上げます。

【被災地支援専用FAX番号】:0120-345-721

[配送について]
従来、東北地方のお客様向けに出荷している仙台地区の物流センターが被災し、東京、横浜、及び名古屋物流センターから出荷する関係で、お届けに時間を要します事をご了承頂きますようお願い申し上げます。
 また、アスクルお問合せセンターにつきましても、電話が集中し繋がりにくい状況が続いており、ご迷惑をお掛けしております事を重ねてお詫び申し上げます。

(*)商品のお届けができない地域
 
岩手県: 大船渡市、陸前高田市、釜石市、上閉伊郡、下閉伊郡、気仙郡、九戸郡
  宮城県: 石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、亘理郡
  福島県: 南相馬市、双葉郡
 

 

=====================================================================

 

 

 

 

◆今日の岩手日報

 

岩手のトップニュース
04/01 21:12
04/01 11:20
内外速報

04/02 07:38

04/02 06:25
県内ニュース

04/01 21:12
04/01 18:32
04/01 16:05
04/01 16:05
04/01 14:22
04/01 14:22
04/01 14:22
04/01 11:20
04/01 11:20
04/01 11:20
被災地ニュース

04/01 14:09

04/01 14:09

04/01 14:09

04/01 14:09

スポーツ

04/01 11:12

04/01 11:12

04/01 11:12

2 件のコメント »

  1. お久しぶりです!ようやくライフラインが復旧しましたよ。テレビで被害状況が映るたびに、宮古の特に田老、鍬ヶ崎、高浜、金浜、赤前もうみんな津波に、もって行かれちゃいました。悲しいです、ショックです、藤原地区の家はまだ形は残ってはいるけど、どこも壊滅状態ですよ。生き地獄を見ましたね、まさか宮古駅まで、津波が来るとは誰もが予想していなかっただけに、波が車を飲み込んで我家に迫ってきた時は、驚きとともに、車で逃げましたよ、怖かった~まだまだ復興には時間がかかります。でも山田、陸前高田を見ると宮古市は、恵まれているほうだと思います、これ以上悲しい体験をしないよう、みんなで、乗り切っていきましょうね!命が助かっただけでも良しとしないとね~落ち着いたら、宮古に来てね、まだまだでしょうけど

    投稿日時: 2011 年 4 月 2 日 @ 8:32 PM | 投稿者: 郷ママで~す!

  2. >郷ママさま
    このたびは被災のど真ん中、ありがとうございます。
    日曜日に沿岸地区の親戚の見舞いに本当致しました。
    刈屋に避難した義父方の本家や、母方の造船場一族を見舞ってきました。
    何もできないのが歯がゆいですね。
    帰りは大沢の親戚、そして山田の姪と釜石の姉と・・・ギッチリでした。
    末広も潅水したようですが復活の兆しを感じてきました。
    目に焼きついた惨状・・・その夜はなかなか眠れませんでした。
    もう少ししたら寄らせていただきます・・・・前へ前へ・・・いつか振り返るにしても今は「前へ」ですね。

    投稿日時: 2011 年 4 月 5 日 @ 9:02 AM | 投稿者: 管理者

コメントをどうぞ