モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

安否確認は安堵ばかりではない(スーパーの貼紙)

投稿日:2011年03月15日 | カテゴリー:全体, 松崎 | コメント:0件

テレビはその後を追い続ける。
被害の拡大が刻々と増大している。
眠れぬ夜をすごし、徐々に安否が判り一喜一憂、安堵ばかりとは言えない。

 

 

 

 

【安否確認は安堵ばかりではない:スーパーの貼紙】

 

 

我が家にとっては今日は大きな前進日。

心配だった親類縁者の消息が4日ぶりに掴めた・・・・超~安堵、涙。。。。。。。どれほど心配した事か!
しかし・・・・回線の隙間を潜って懸って来る電話の先は悲しい知らせもあるのです。

 

 

 

沿岸部には血縁者や友人知人が多い遠野。
家をなくした人も命を亡くした人も実に多い。。。。。。。。。。。
どうかこれ以上の悲しみを与えませんようにと・・・神にも仏にも祈る気持ちでいっぱいです。

 

 

生活ではライフラインがどうにかと・・・お思いきや「ガソリン」が手に入らない!困った・・・・・
物を調達するにも捜索に行くにも用事を済ませる事も・・・車を動かせない!物流が動かないのでもちろん仕事はストップ!
日常生活や通常業務に戻るにはどれくらい懸るのか・・・1カ月?3カ月?半年・・・・・・・・・。

 

 

自己防衛や知恵も同時に働かせなければ。
我が家は居間に家族が集中する事に・・・燃料も電気もできるだけ使わないように・・・と。
ホームセンターなどでは電池や電灯、ストーブ、カセットボンベ、マメタンなどは完売・・・食料品も大分無くなっていたなぁー

 

 

 

 

 

 

◆今日の岩手日報
・がれきの街 捜索懸命 本県沿岸部24時間体制 情報錯綜、望み捨てず:東日本大震災
・県内犠牲者627人に 不明315名
・55万人避難、物資不足 死者・不明5000人超える
・10~12面避難者名簿、生活情報
・変わり果てた沿岸の街
・メルトダウンの事態も
・ガソリン被災地最優先
・家族や知人 涙の再会
・被災者支える食糧販売

※配送に関わる燃料確保が出来ず新聞配達は中止:販売店

コメントはまだありません »

コメントをどうぞ