モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

金山まちは水墨の郷へ(小友:いわみばし)

投稿日:2010年03月02日 | カテゴリー:全体, 小友 | コメント:1件

思ったより降り積もった。
一寸を上回るそれは盆地をしっかり包んだ。
明日は雛の日、赤が映えるとも言える。

 

 

【水墨の郷へ:岩観橋】

ぎりぎり午前中に金山の里へ赴く。

 

バイパスがなかった時代のメインロードに架かる橋。

 

 

 

 

 

小友川 長野川に架かるこの橋、肝心の名前が。。。。。。
※僅か10mほど下流で鷹鳥屋川と落合、双方の名前が小友川に代わる場所でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

雪を掃ってお顔を確認。
いわみ・・・ばし・・・・・・・・巖を見るのではなく、巌を観るなのですね。
眺望すべきものが先にはあります。

 

 

 

 

 

蛇行する龍。
巌にその姿を埋め込んだ龍。
わが白龍号がまぬけに見えてしまうほど惚れ惚れする場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

巌の上に少しズーム、峰の途中から断崖が切り立つ。
雪化粧の風景は色を隠してもその艶やかさは言葉を失う。
前日の降雪にも感謝したいものです。

 

 

 

思い出がゆらゆら・・・・

 

 

 

 

おまけ:

 

                                       

その先の名所とは巌龍なる社に不動の坐す処。

 

 

 

 

振り向けば、産直ともちゃんの項がみえます。

 

 

 

 

けふのヨウツベ

1 件のコメント »

  1. 小友の
    鮎貝
    というところが知っていたら
    そこの写真もブログにのせてほしいです!

    投稿日時: 2010 年 6 月 20 日 @ 12:50 PM | 投稿者: 鱒小卒業生!

コメントをどうぞ