モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

きかんぽだった(伐採、その後:飯豊沢田の駒形社)

投稿日:2010年02月20日 | カテゴリー:全体, 青笹 | コメント:2件

日付を見て気付く。
今日は6年前に亡くなった祖母の誕生日。
口数の少ない本当におばぁ~ちゃんらしい穏やかな祖母だった。

 

 

【きかんぽだった:伐採、その後、飯豊沢田駒形社

町場の人はこの辺一帯を”いんで:えんで”と一括りに云う
今では土淵町と青笹町がクロス場所。
土淵町境から30mとも無いのですが住所は青笹町糠前24地割なんです。

 

<エンジュの巨木にまだ残る雪>

 

 

四十代に子宮がんを患い奇跡的に助かった祖母。
その後も2度ほど大きな手術を受けた、そして我が家で最長寿となった。
菰編みの名人でばぁーちゃん子だった私はおかげで縄が綯えるようになった。

 

 

 

 

しめ縄はかけられたまま。

あの社の林を間伐した際に触れて欠けていた鳥居。
しっかりと手当されておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

4つ違いの姉にくっついて歩いていた幼いころ。
姉の同級生ともよく遊んでもらった。
ハナタレ小僧のガキ大将の超~~~~~~キカンポ童子も女の子が好きでしたぁー。
キカンポ・・・・わかります(*^_^*)、この辺も縄張りでしたぁー(爆)
   ↓

 
きかんぽ:聞き分けのない子供、喧嘩好きの子供・・・・留場栄著「むらことば辞典上巻P121より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屈んで通らなければならなかった鳥居は見事に新調されております。
白木のままか?それとも紅く塗られるのかはわかりません。
随分といい材質な感じでなので透明の塗料がいいかもしれませんね。

 

 

ばぁ~ちゃん子だったのでよくソチコチ付いてるるきました。
参詣にも手をひかれここもお参りしたものです。
当時は我が家にも馬が居りましたからね。

 

 

誕生日を思い出して、今日はケーキでも・・・いや、団子づくりも上手かった祖母。
”きりせんしょ”でもお供えしたいと思います。
何処で売ってるのかな?・・・・母に強請って作ってもらいますか(^^ゞ  (難しかな?)

 

 

 

 

けふのヨウツベ

 

雪解けを思い出すこのグループ・・・ギターを始めたキッカケでもあります。

懐かしいアルバムですねー  こちら  お時間があればYouTubeサーフィンしてください(^-^)ノ~~

 

 

 

おまけのヨウツベ(^^ゞ

2 件のコメント »

  1. むむッ 小峯山… ここは知ってるようなッ知らないような。
    沢田にも 行ったことはある。
    しかし さすがに えんでまでは 行けなかったと思う。
    行けてた?
    あたしゃどこまで 行ってたのやら。

    投稿日時: 2010 年 7 月 23 日 @ 10:54 PM | 投稿者: Jj

  2. >jjさま
    ここは飯豊の境から30mほどの所。
    大きな意味で「えんで」の一部もあるような(w
    正確には沢田分ですよ~~~(’-^*)/
    我が家はここから100mほど東です(*^_^*)

    投稿日時: 2010 年 7 月 23 日 @ 11:04 PM | 投稿者: 管理者

コメントをどうぞ