モバイル(携帯サイト)

QRコード

携帯電話のカメラ機能(バーコードリーダ)で読み取りアクセスしてください。

抜ける青に駅へ(遠野駅裏から)

投稿日:2008年11月26日 | カテゴリー:全体, 旧町内 | コメント:3件

フィルターを剥いだ空が広がった。
昨朝の雪は日蔭や山並に残るのみ。
風もない、青空にぽっかり浮かんだ雲はほとんど動かない。

 

 

【遠野駅を材木町から】

材木町の通りを西に進むと空き地がある(JRさん所有なのだろうか?)
線路際まで車で乗り入れることができたのでこちらからの画像となります。
レールが一つになっていく・・・・・大工町の踏切がとても新鮮に映りました。

 

 

 

 

 

同所からプラットフォーム。
人影が見えない時間だった。
多くの人々が降りて乗って思い出の宝庫でもあろう姿です。

 

奥には太鼓橋(桜木橋)がのぞいてます。まるとさんがあそこからの眺めが好きだと書いたブログはもう伝説になった。

 

 

 

 

就職や旅行でこのホームから沢山の思い出が紡ぎだされて、そして今も続いているはずだ。
行商の方や学生さんで朝晩は結構込み合う遠野駅も、この時間はシーンとして凪状態。
遠野駅から乗ったのは何時だったろう?と思うくらい乗車していないが胸に詰まるのは確かな場所です。

 

 

 

 

 おまけ

10時前の早瀬橋袂からの画像。
まるで蒸気機関車が吐いた煙のように盆地の低見に這っていました。
穏やか過ぎる遠野郷です。

 

 

 

 

♫今日の一曲は こちら   遠野人なら こちら かな?

3 件のコメント »

  1. コメが蹴られなければ初足跡です(w 
    側線が取り払われた構内は寂しいですね
    貯木越しに眺める高清水
    駅舎の西側に引き込まれた側線の有蓋車
    購買部の古い建物
    国鉄アパートから通ってくる同級生が結構いました。
    60年代の話です。
    床が木だった太鼓橋
    小学生の頃は友達と遊ぶため、
    中学生の頃は、帰路の道草のため渡りました。
    最後にホームに立ったのは15年位前のことですね。

    投稿日時: 2008 年 11 月 27 日 @ 9:41 PM | 投稿者: 24地割

  2. >24地割さま
    ようこそ拙サイトヘお越し下さいました。m(_”_)m
    大先輩からのコメントに恐縮しております。
    多くの思い出がありそうな遠野駅です。24地割さまにとっても同じかと思います。
    敷地狭しと色々なものがあったと思います、汽車の方向転換する場所などもなくなりましたからね。

    時折覗いて思い出話でも語っていただければ幸いです。今後ともよろしくお願い致します。

    投稿日時: 2008 年 11 月 28 日 @ 8:12 AM | 投稿者: 管理者

  3. is not may be Chalet.

    投稿日時: 2014 年 11 月 15 日 @ 3:18 AM | 投稿者: http://www.aviokarte-online.com/newaboutus.php?2076jodans

コメントをどうぞ